So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

プーランク 15の即興曲 第15番「エディット・ピアフを讃えて」 [完成曲]

 『Synchron Yamaha CFX』を使う上で、当初Reverbが深すぎてモヤモヤしてしまったのですが、Reverbをかなり抑えてもよさそうなので、設定を見直しました。
CFXsetting3.jpg
Reverbを抑えると、音がすぐに減衰してしまうので、Decayを少し長くしました。
また、標準のPanは右に寄っているので、Logic上でPanを左に動かし、中央付近に聞こえるようにしました。
PanSetting.jpg
 この設定で、『Synchron Yamaha CFX』の弱音が活かせるように、フランスの作曲家、フランシス・プーランクの15の即興曲 第15番「エディット・ピアフを讃えて」を打ち込んでみました。


 この路線でボルトキエヴィチ 6つのピアノ曲 Op.48-2を『Synchron Yamaha CFX』で演奏したものを追加しました。曲に合わせて多少設定を変えています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ボルトキエヴィチ 10の前奏曲 Op.33-10 [完成曲]

 今年初めに使用パソコンをiMac (Retina 5K, 27-inch, 2017)に変え、OSをHigh Sierraに変えたところ、ファイルシステムの管理方法が変わっており、音源ファイルの再設定に多大な時間を要しました。また、長年使ってきたLogic9からLogicXに変えなければならなくなり、慣れるまで時間がかかりそうです。
 システム変更後の慣らしに、前の打ち込み投に続き、ロシアの作曲家、セルゲイ・ボルトキエヴィチ作曲の、10の前奏曲 Op.33 から第10番を打ち込んでみました。


 次は音源を「GALAXY II」から「Synchron Yamaha CFX」にして、調整し直したものです。
(2018/6/17追加)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ボルトキエヴィチ 6つのピアノ曲 Op.48-2 [完成曲]

 前の投稿に続き、ロシアの作曲家、セルゲイ・ボルトキエヴィチ作曲、 3/4拍子の6つのピアノ曲 Op.48から第2番を打ち込んでみました。どこかで聞いたような曲ではあります。
(2017/3/6、3/10、4/1 細部修正)


 音源を「Synchron Yamaha CFX」にして細部調整しました。雰囲気が少し変わりました。
(2018/7/30 Up)

nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ボルトキエヴィチ 12の新しい練習曲 Op.29-3 [完成曲]

 ロシアの作曲家、セルゲイ・ボルトキエヴィチ作曲、12の新しい練習曲 Op.29 : No. 3, La brune を正月休みの間に打ち込んでみました。以前打ち込んだOp.35-6同様、これもロシア風ショパンといった趣きです。


YouTubeに公開されている、thenameisgsarciさん、Neutroniummさん、Pianificoさんなどの演奏は全てシプリアン・カツァリス(Cyprien Katsaris)のものを使っています。(32小節目の音に間違いがあるので、すぐに同じだと分かります。) 演奏自体は素晴らしく、私も参考にさせていただきましたが、パクリはよろしくないですね。
iTunes Storeではこの演奏の他にJouni Someroというピアニストの演奏が試聴できますが、ミスタッチが多いです。
私の打ち込み演奏もYouTubeに公開しました。
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ボルトキエヴィチ Ein Roman Op35-6 [完成曲]

ロシアの作曲家、セルゲイ・ボルトキエヴィチ作曲、
Ein Roman für Klavier, Op. 35: No. 6, Vorwürfe(「ピアノのためのロマン」からNo.6「怨み言」とでも訳すのでしょうか)を打ち込んでみました。
ラフマニノフより少し後の作曲家ですが、ショパンに近い感じがします。
(2016/11/13、細部修正。YouTubeはこちら)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラフマニノフ前奏曲Op.23-5 [完成曲]

 久々にラフマニノフのピアノ曲の打ち込みをはじめました。ラフマニノフ作曲、前奏曲Op.23-5です。
以前、Op.23-2を打ち込んだときからやりたいと思っていましたが、約8年も経ってしまいました。

(2016年1月2日、1〜34小節まで)
(2016年1月3日、1〜49小節まで)
(2016年1月4日、1〜57小節まで)
(2016年1月16日、1〜63小節まで、間違い修正)
(2016年1月24日、1〜最終小節まで)
(2016年2月7日、細部修正)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

リスト 超絶技巧練習曲(第1稿 S.136)から第4番 [完成曲]

 リスト作曲、超絶技巧練習曲の第1稿(S.136)から第4番を打ち込みました。詳細な解説はWikiPediaや、Blog記事『「4つのリスト「マゼッパ」』を見てください。

この曲を元に、「超絶技巧練習曲の第2稿(S.137)の第4番」ができる訳ですが、S.137からマゼッパのテーマを除くと、S.136が元になったことが分かります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

リスト 「マゼッパ」S.137 [完成曲]

 リスト作曲、「24の大練習曲」(超絶技巧練習曲の第2稿、S.137)の第4曲を打ち込んでみました。
1840年にこの曲を改作した際に「マゼッパ」と題名を付けられ単独で出版された、1つ後の版(S.138)と比べると、序奏がなく中間部が少し違っています。終結部もあっさりしています。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

リスト 「マゼッパ」S.138 [完成曲]

 よく知られている、超絶技巧練習曲(S.139)から第4番「マゼッパ」は、その前に3つの版が存在し、演奏難易度も高いようです。1つ前の版(S.138)は「24の大練習曲」(超絶技巧練習曲 第2稿、S.137)の第4曲から1840年に改作した際に「マゼッパ」と題名を付けられ単独で出版されたもので、これを打ち込んでみました。
序奏はS.139に比べてあっさりしています。
(2015/1/4、冒頭から約1分)
(2015/1/11、冒頭から約2分40秒)
(2015/1/14、冒頭から約4分15秒)
(2015/1/15、最後まで、ファイルサイズが5MBを超えたので前半と後半に分けました)
前半

後半

前半・後半がつながったものはMusicTrackで聴いてください。
また、ピアノロール表示をムービーにしたものをYouTubeに公開しました。よろしかったらご覧ください。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

リスト 超絶技巧練習曲から第4番「マゼッパ」 [完成曲]

 大変久しぶりになりましたがピアノ曲の打ち込みをちょっと。
リスト作曲、超絶技巧練習曲から第4番「マゼッパ」です。
(11/22、冒頭から約1分)
(11/24、約1分30秒まで)
(11/30、約2分まで)
(12/20、約2分50秒まで)
(12/26、約3分20秒まで)
(12/28、約3分50秒まで)
(1/1、約4分30秒まで)
(1/3、最後まで、ファイルサイズが5MBを超えたので前半と後半に分けました)
前半

後半

前半・後半がつながったものはMusicTrackで聴いてください。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽