So-net無料ブログ作成

130万件御礼、多数のアクセスありがとうございます。 [その他]

 ちょっと日が経ってしまいましたが、先月6/24にこのBlogの総閲覧数が130万件を超えました。
幸い、メニエール病は3月の終わり頃にはほぼ症状がなくなり、その後の再発もなく、音が正常に聞こえることのありがたみを感じています。
 6月20日には藝大チェンバーオーケストラの演奏会を聞いて行きました。演奏された曲の中で、パーセルの「アブデラザール」組曲は、その中の「ロンド」「ホーンパイプ」を過去に打ち込みをするときに参考にしたイギリス室内管弦楽団の演奏
パッヘルペルのカノン~バロック名曲集

パッヘルペルのカノン~バロック名曲集

  • アーティスト: イギリス室内管弦楽団,ヘンデル,バッハ,ビバルディ,パーセル,シャルパンティエ,パッヘルベル,グルック,A.マルチェルロ,レパード(レイモンド)
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1996/10/21
  • メディア: CD


と比べてかなり早いもの、遅いものがあり、曲の印象が違って聞こえました。
 ちょうど同じ6月20にNHK FMの「クラシックの迷宮」で「- 私の試聴室~パーセルの現代性 - 」というタイトルでパーセルのことが取り上げられ、いろいろな演奏が試みられていることを知りました。
 耳が回復してから打ち込み始めている、ブリテン作曲「青少年のための管弦楽入門」(パーセルの主題による変奏曲とフーガ)のフーガがもう少しで完成のところですが、バランス調整で苦労しています。(2015/7/11のBlogに公開のお知らせを書きました)

リスト 交響詩「マゼッパ」S.100 [中盤]

 リスト作曲、マゼッパシリーズの最後は交響詩「マゼッパ」S.100です。これは超絶技巧練習曲S139の第4番とほぼ同時期に作られ、モチーフは同じですが、かなり拡張されて演奏時間は16分程度になります。全曲打ち込みはかなり大変なので、開始から約6分半あたりの部分を少しですが打ち込んでみました。雰囲気を味わってください。
なお、最近購入した、Vienna Instrumentsの"Trumpet Ensenble","Horn Ensemble","Trombone Ensemble"を使ってみました。
(2015/4/11、約20秒追加)
(2015/4/19、約25秒追加)

メニエール病でした [その他]

 3月1日のBlogに書いた、耳の調子が悪い、という話は、結局メニエール病という診断になりました。処方された薬を飲み、一旦聴力が回復したのですが、喉が痛くなる風邪にかかって再度難聴になりました。3/18頃には風邪がほぼ治って、聴力も戻ってきました。右耳の軽い圧迫感と、頭を押さえつけられるような感覚と、軽いふらつき感が残っていますので、もうしばらくは薬を飲みながら様子を見ることになります。

耳の調子が悪い [その他]

 2日前の朝、起きたら目の前がグルグル回る症状があり、少し症状が治まってから耳鼻科へ行ったら、左耳の聴力が少し落ちており、突発性難聴と診断されました。実際には何ヶ月か前からフワフワした感じや、右耳の方に詰まった感じやエコーがかかった感じ、低音が聞こえにくいなどの症状があり、自分でいろいろ調べてみるとメニエール病の症状がかなり近いです。
 作品の音量バランスが狂ってしまう可能性があるため、しばらくは作品の作り込みが難しいかと思います。(もしかしたら、以前の作品も左から聞こえる音が大きすぎたのではないかと、やや気になっています)
 原因不明ですが、ストレスではないかと言われており、私も身に覚えがありますので、ペースダウンしないといけなさそうです。
 気分転換に、過去に作った作品、バラキレフ 作曲「イスラメイ」ピアノロール表示をムービーにしたものを作ってYouTubeに公開しましたので、よろしかったらご視聴ください。

リスト 超絶技巧練習曲(第1稿 S.136)から第4番 [完成曲]

 リスト作曲、超絶技巧練習曲の第1稿(S.136)から第4番を打ち込みました。詳細な解説はWikiPediaや、Blog記事『「4つのリスト「マゼッパ」』を見てください。

この曲を元に、「超絶技巧練習曲の第2稿(S.137)の第4番」ができる訳ですが、S.137からマゼッパのテーマを除くと、S.136が元になったことが分かります。


リスト 「マゼッパ」S.137 [完成曲]

 リスト作曲、「24の大練習曲」(超絶技巧練習曲の第2稿、S.137)の第4曲を打ち込んでみました。
1840年にこの曲を改作した際に「マゼッパ」と題名を付けられ単独で出版された、1つ後の版(S.138)と比べると、序奏がなく中間部が少し違っています。終結部もあっさりしています。

リスト 「マゼッパ」S.138 [完成曲]

 よく知られている、超絶技巧練習曲(S.139)から第4番「マゼッパ」は、その前に3つの版が存在し、演奏難易度も高いようです。1つ前の版(S.138)は「24の大練習曲」(超絶技巧練習曲 第2稿、S.137)の第4曲から1840年に改作した際に「マゼッパ」と題名を付けられ単独で出版されたもので、これを打ち込んでみました。
序奏はS.139に比べてあっさりしています。
(2015/1/4、冒頭から約1分)
(2015/1/11、冒頭から約2分40秒)
(2015/1/14、冒頭から約4分15秒)
(2015/1/15、最後まで、ファイルサイズが5MBを超えたので前半と後半に分けました)
前半

後半

前半・後半がつながったものはMusicTrackで聴いてください。
また、ピアノロール表示をムービーにしたものをYouTubeに公開しました。よろしかったらご覧ください。

リスト 超絶技巧練習曲から第4番「マゼッパ」を更新しました [更新情報]

リスト 超絶技巧練習曲から第4番「マゼッパ」の打ち込みを少しずつ更新していましたが、ようやく最後まで打ち込み終わりましたので、2014/11/22のBlogで聴いてください。

「あけましておめでとう」2015 [その他]

 元日の今日は、こちら神奈川県でも今シーズン初の積雪がありました。昨年は仕事が忙しく、全くBlogおよび打ち込みが進みませんでした。精神的な疲れもたまったので、今年は気分転換に少し打ち込みを進めたいと思っています。本年もよろしくお願いします。
2015nenga.jpg

リスト 超絶技巧練習曲から第4番「マゼッパ」 [完成曲]

 大変久しぶりになりましたがピアノ曲の打ち込みをちょっと。
リスト作曲、超絶技巧練習曲から第4番「マゼッパ」です。
(11/22、冒頭から約1分)
(11/24、約1分30秒まで)
(11/30、約2分まで)
(12/20、約2分50秒まで)
(12/26、約3分20秒まで)
(12/28、約3分50秒まで)
(1/1、約4分30秒まで)
(1/3、最後まで、ファイルサイズが5MBを超えたので前半と後半に分けました)
前半

後半

前半・後半がつながったものはMusicTrackで聴いてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。