So-net無料ブログ作成
検索選択

藝大フィル 第376回定期演奏会を聴いてきました [演奏会感想]

かなり前になってしまいましたが、6月10日に東京藝術大学奏楽堂で行われた、藝大フィル 第376回定期演奏会を聴いてきました。曲目は

ベートーヴェン:交響曲第8番
ブラームス:交響曲第2番
の2曲のみ、アンコールはありませんでした。

正直、今回はちょっと残念な感じでした。
指揮のペーター・チャバは大柄でムダに振りが大きいく、オケはそれについて行っていない。先日聴いたベルリンフィルと比較してしまっては酷ですが、指揮と出てくる音が合っていないと違和感を覚えるものだと実感しました。
特に音を外す、とか変なところはないのですが、感動的な部分もなく、こう言っては何ですが、N響風の演奏になっていたような。最後の1分程度はそれなりに盛り上がってうまくいったと感じたのがせめてもの救いでした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

サイモン・ラトル x ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会を聴いてきました [演奏会感想]

5月11日にサントリーホールで行われた、サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会を聴いてきました。曲目は

ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調 Op.21
ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 Op.55 「英雄」
の2曲のみ、アンコールはありませんでした。

ベルリンフィルの公演はいつもすぐにチケットが完売になってしまうのですが、私は今回初めてベルリンフィルのチケットが購入でき、最近リリースされたベートーベン交響曲全集のCDとほぼ同じ演奏が生で聞けました。
サイモン・ラトルは61歳くらいだと思いますが、キビキビした動きで曲のメリハリがはっきりついていました。曲の細部まで指揮の身振りからどのような表現をつけたいかが分かり易く、それに対してオケが見事に音にしていました。
私は微妙な感想を文章であれこれ書くのは不得意なの書きせんが、Blog「川沿いのラプソディ」の記事と同様な感想を持ちました。

日本人メンバーの樫本大進さん、町田琴和さんのサイン会があり、参加条件が¥14,000のベートーベン交響曲全集のCD+ブルーレイ購入という、ハードルの高いものでしたが、コンサートのチケット代から考えれば何てことはない、という方々が多かったのでしょう。
会場では背の高いサントリーの新浪社長がお見えになっており、ひときわ目立っていました。やはり所得水準の高い方が多く来場していたのでしょう。私には今回の連続演奏会を複数回聴けるだけの余裕はございません[冷や汗2]
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ネヴィル・マリナー x アカデミー室内管弦楽団演奏会を聴いてきました [演奏会感想]

4月9日に東京オペラシティ コンサートホールで行われた、サー・ネヴィル・マリナー指揮 アカデミー室内管弦楽団の演奏会を聴いてきました。曲目は

プロコフィエフ:交響曲 第1番 ニ長調「古典交響曲」op.25
ヴォーン・ウィリアムズ:トマス・タリスの主題による幻想曲
ベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調 op.92
(アンコール)
モーツァルト:フィガロの結婚 序曲
アイルランド民謡:ロンドンデリーの歌
でした。

全体的にはオーソドックスな演奏だったと思いますが、指揮のネヴィル・マリナー がもうすぐ92歳(!)だということを考えると、全く年を感じさせない、シャキッとした演奏だったと思います。
オケでは特にヴィオラの響きが美しかったです。
個人的には、アンコールの2曲がとてもよかったと感じました。

Blogには書いていませんでしたが、最近、プロコフィエフの「古典的交響曲」を立て続けに聴いています。第1楽章の出だしから1分頃に出てくる主題の、バイオリンの跳躍が、にごりなく奇麗に聞こえるかが気になってしまうのですが、ウィーンフィルの演奏はさすがでした。

2014年2月11日 東京藝術大学奏楽堂 東京藝大チェンバーオーケストラ第22回定期演奏会
ハイドン:交響曲 第94番 「驚愕」 ト長調 Hob.I:94
モーツァルト:ホルン協奏曲 第1番 ニ長調 K.412/K.514(386b)
モーツァルト:ホルン協奏曲 第4番 変ホ長調 K.495
プロコフィエフ:交響曲 第1番 ニ長調「古典的交響曲」op.25

2015年10月6日 サントリーホール クリストフ・エッシェンバッハ指揮・ピアノ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K488
チャイコフスキー:弦楽のためのセレナード op. 48
プロコフィエフ:交響曲 第1番 ニ長調「古典的交響曲」op.25

2016年1月19日 東京文化会館 リッカルド・ムーティ指揮、シカゴ交響楽団
プロコフィエフ:交響曲 第1番 ニ長調「古典的交響曲」op.25
ヒンデミット:弦楽と金管のための協奏音楽 op.50
チャイコフスキー:交響曲 第4番 ヘ短調 op.36
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

モーツァルト 交響曲第41番 第4楽章 [冒頭]

 モーツァルトは編成が小さい分、細かい表情付けをしないと単調に聞こえてしまいますので、打ち込みでそれなりに聞こえるようにするのは意外と時間がかかります。
 交響曲第41番 第4楽章の出だしを打ち込んでみましたが、1st Violinの打ち込みには、
 VI violins appassionata
 VI Violin solo
 LASS Vlns A Leg Sus NV-Vib
の3つの音源を重ねており、更にVI violins appassionataから使ったpatchは次の7つで、ものによっては2つを混ぜて音を出しています。
 staccato
 sus_Vib-strong
 perf-legato_fa
 perf-legato_sfz
 perf-legato_Vib-strong
 perf-legato_4vel
 perf-rep_spi
これらの組み合わせを試行錯誤するだけで結構な時間がかかってしまいます。
まずはこの1st Violinのみでこんな感じになりました。

次は全楽器を合わせたものです。
(2016年4月3日、18小節まで)
(2016年4月10日、35小節まで)
(2016年4月17日、52小節まで)
(2016年4月30日、73小節まで)
(2016年5月7日、93小節まで)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

VSLのAudition Creditとは [ソフト]

 久々に円高傾向になったので、今月のVienna Symphonic Libraryのキャンペーン、
"Buy2,Get1 Free!"で買い物をしました。
・TIMPANI Full Library €80
・DRUMS & TOMS Full Library €90
・TAM-GONG Full Library €80
を注文し、€80引きになり、更に
・1 HOUR VIENNA AUDITION CREDIT €18
がおまけとしてタダになりました。
この1 HOUR VIENNA AUDITION CREDITとは何ぞや、と思いましたが、結局全てのライブラリがネット経由で試聴できる、というものです。但し、音源再生時間の合計が1時間まで、ということで、それ以上やりたかったらまた€18払ってね、という代物です。試聴だと思うとちょっとお高いですかね?
ViennaAudition.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラフマニノフ前奏曲Op.23-5 [完成曲]

 久々にラフマニノフのピアノ曲の打ち込みをはじめました。ラフマニノフ作曲、前奏曲Op.23-5です。
以前、Op.23-2を打ち込んだときからやりたいと思っていましたが、約8年も経ってしまいました。

(2016年1月2日、1〜34小節まで)
(2016年1月3日、1〜49小節まで)
(2016年1月4日、1〜57小節まで)
(2016年1月16日、1〜63小節まで、間違い修正)
(2016年1月24日、1〜最終小節まで)
(2016年2月7日、細部修正)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「あけましておめでとう」2016 [その他]

 明けましておめでとうございます。昨年一年間も結局仕事が忙しいのに加え、右耳の聞こえ方は問題なくなったものの、軽い圧迫感が残ったりして、Blogおよび打ち込みが進みませんでした。年末はこちら神奈川県では比較的暖かい日が続き、今は体調は良好です。今年はどうなるか分かりませんが、よろしくお願いします。
年賀2016-2.jpg
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

尾高忠明 x 東フィル 演奏会を聴いてきました [演奏会感想]

 昨日2015年7月29日、尾高忠明 指揮、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏会を聴いてきました。
曲目は
 武満 徹:波の盆
 グリエール:ホルン協奏曲
 チャイコフスキー:交響曲第5番
で、本番前の公開リハーサル(ゲネプロ)も聞きました。細かな部分の修正指示が、本番でよくなっているのが分かりました。
 1曲目の武満 徹「波の盆」は、私は聞いたことがありませんでした。尾高忠明が得意としているようで、下記のCDも出ていますが、心に沁みるよい演奏が生で聞けて良かったです。

Takemitsu: Nami no Bon / Ran / Hosokawa: Memory of the Sea / Otaka: Fantasy for Organ and Orchestra

Takemitsu: Nami no Bon / Ran / Hosokawa: Memory of the Sea / Otaka: Fantasy for Organ and Orchestra

  • アーティスト: Atsutada Otaka,Toru Takemitsu,Toshio Hosokawa,Tadaaki Otaka,Sapporo Symphony Orchestra,Bryan Ashley
  • 出版社/メーカー: Chandos
  • 発売日: 2001/02/27
  • メディア: CD


 2曲目はキャッチーな主題で出だしから引きつけられるのですが、ちょっと中だるみに感じるところがあります。演奏はよかったのですが、曲の出来が1曲目と3曲目には負けてしまったかな、と。
(出だしを弦楽器のみ打ち込み、この後、ホルンの独奏が出てきます)
(2015年8月8日、出だしを全楽器の打ち込みに変更)
(2015年8月15日、ホルン独奏の出だしまで打ちこみ)

 3曲目は以前聞いたロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏にはかなわないものの、尾高さんが演奏終了後に「精魂尽き果てたのでアンコールはありません」というだけあって、迫力十分のレベルの高い演奏で良かったです。欲を言えば、ホルンに独奏のイェンス・プリュッカーが加わっていたら文句なしだったかも、と思いました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ブリテン 「青少年のための管弦楽入門」より [エンディング]

 ベンジャミン・ブリテン作曲、「青少年のための管弦楽入門 - パーセルの主題による変奏曲とフーガ 」の終結部のフーガの部分を打ち込んでみました。
 木管から始まる二重フーガが、弦、ハープ、金管、打楽器と徐々に楽器が加わっていき、最後にパーセルの主題が金管で奏でられます。 パーセルの主題として使われている元の曲パーセル 作曲「アブデラザール」から第2曲「ロンド」は、以前打ち込みましたでので、よろしかったら聞き比べてみてください。
 二重フーガは複雑な転調が連なり、間違ってもよく分からないところがありますので、気付かれた方はご指摘ください。著作権の関係で、曲はMusicTrackで聞いてください。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

130万件御礼、多数のアクセスありがとうございます。 [その他]

 ちょっと日が経ってしまいましたが、先月6/24にこのBlogの総閲覧数が130万件を超えました。
幸い、メニエール病は3月の終わり頃にはほぼ症状がなくなり、その後の再発もなく、音が正常に聞こえることのありがたみを感じています。
 6月20日には藝大チェンバーオーケストラの演奏会を聞いて行きました。演奏された曲の中で、パーセルの「アブデラザール」組曲は、その中の「ロンド」「ホーンパイプ」を過去に打ち込みをするときに参考にしたイギリス室内管弦楽団の演奏
パッヘルペルのカノン~バロック名曲集

パッヘルペルのカノン~バロック名曲集

  • アーティスト: イギリス室内管弦楽団,ヘンデル,バッハ,ビバルディ,パーセル,シャルパンティエ,パッヘルベル,グルック,A.マルチェルロ,レパード(レイモンド)
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1996/10/21
  • メディア: CD


と比べてかなり早いもの、遅いものがあり、曲の印象が違って聞こえました。
 ちょうど同じ6月20にNHK FMの「クラシックの迷宮」で「- 私の試聴室~パーセルの現代性 - 」というタイトルでパーセルのことが取り上げられ、いろいろな演奏が試みられていることを知りました。
 耳が回復してから打ち込み始めている、ブリテン作曲「青少年のための管弦楽入門」(パーセルの主題による変奏曲とフーガ)のフーガがもう少しで完成のところですが、バランス調整で苦労しています。(2015/7/11のBlogに公開のお知らせを書きました)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。