So-net無料ブログ作成
検索選択

尾高忠明 x 東フィル 演奏会を聴いてきました [演奏会感想]

 昨日2015年7月29日、尾高忠明 指揮、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏会を聴いてきました。
曲目は
 武満 徹:波の盆
 グリエール:ホルン協奏曲
 チャイコフスキー:交響曲第5番
で、本番前の公開リハーサル(ゲネプロ)も聞きました。細かな部分の修正指示が、本番でよくなっているのが分かりました。
 1曲目の武満 徹「波の盆」は、私は聞いたことがありませんでした。尾高忠明が得意としているようで、下記のCDも出ていますが、心に沁みるよい演奏が生で聞けて良かったです。

Takemitsu: Nami no Bon / Ran / Hosokawa: Memory of the Sea / Otaka: Fantasy for Organ and Orchestra

Takemitsu: Nami no Bon / Ran / Hosokawa: Memory of the Sea / Otaka: Fantasy for Organ and Orchestra

  • アーティスト: Atsutada Otaka,Toru Takemitsu,Toshio Hosokawa,Tadaaki Otaka,Sapporo Symphony Orchestra,Bryan Ashley
  • 出版社/メーカー: Chandos
  • 発売日: 2001/02/27
  • メディア: CD


 2曲目はキャッチーな主題で出だしから引きつけられるのですが、ちょっと中だるみに感じるところがあります。演奏はよかったのですが、曲の出来が1曲目と3曲目には負けてしまったかな、と。
(出だしを弦楽器のみ打ち込み、この後、ホルンの独奏が出てきます)
(2015年8月8日、出だしを全楽器の打ち込みに変更)
(2015年8月15日、ホルン独奏の出だしまで打ちこみ)

 3曲目は以前聞いたロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏にはかなわないものの、尾高さんが演奏終了後に「精魂尽き果てたのでアンコールはありません」というだけあって、迫力十分のレベルの高い演奏で良かったです。欲を言えば、ホルンに独奏のイェンス・プリュッカーが加わっていたら文句なしだったかも、と思いました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。