So-net無料ブログ作成

マリス・ヤンソンスxロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 聴いてきました [演奏会感想]

 2013年11月18日に東京文化会館大ホールで行われた、マリス・ヤンソンス指揮、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏会を聴いてきました。
曲目は
 ワーヘナール : 序曲「じゃじゃ馬ならし」 op.25
 ストラヴィンスキー : バレエ「火の鳥」組曲 (1919年版)
 チャイコフスキー : 交響曲第5番 ホ短調 op.64
アンコール
 チャイコフスキー: バレエ「眠りの森の美女」から パノラマ
でした。
 演奏会が始まる前に、2階席の方にライトとカメラが向けられたので、どなたか偉い方がいらっしゃっているのだろうとは思いましたが、私は丁度その真下の1階席だったので、最後までわかりませんでした。後日の報道で皇太子ご夫婦だったことを知りました。ちなみに、同日はサントリーホールでベルリンフィルの演奏会が行われ、こちらは天皇、皇后両陛下がご鑑賞されたとのこと。
 さて、演奏の方は期待通りの素晴らしいものでした。弦も管も美しい音色で細かいところまで神経が行き届いた演奏で、更に全体のバランスがとれていました。ストラヴィンスキー は複雑な曲でありながらごちゃごちゃにならず、ここぞという時には大音量も出て理想的な出来だったと思います。チャイコフスキーも美しさ、哀愁、迫力を兼ね備えた素晴らしい演奏でした。
 実はその2週間前の11月3日にチェコフィルの演奏会を聴いたのですが、やや雑で、大抵はうまく聞こえるミューザ川崎なのに管が埋もれてよく聞こえず、消化不良だった後なので、その差が大きく感じられました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。