So-net無料ブログ作成

VIでビブラートの深さを変える [打ち込み方法]

 LASS2でビブラートの深さを変えられるのは、A/B/C/Fullで、FC(First Chair = solo)のパッチは用意されていません。うまく繋げるのが難しかったからではないかと想像されます。
 そこで、Vienna Instrumentsのsolo violinを使って同じようなことができないか、試してみました。
Vienna Instruments ProでスロットAとスロットBにそれぞれ"17 Vl_sus_noVib"と"10 Vl_sus_Vib"をいれて、その間にクロスフェードを行う"X"をチェックすると、コントロールチェンジ(デフォルトではCC20)でそれぞれの配合比率を変化させる事ができます。(Slot XF)
VIvib.jpg
"sus_noVib"のみ

"sus_noVib"の途中で"sus_Vib"の配合を増やしたもの

やはりソロでは不自然さが残りますが、先日のLASS2のアンサンブルと重ねると、芯のあるよい感じになります。

但し、Vienna Instrumentsではクロスフェードを使うより、初めからビブラートが遅れてかかるサンプルを使うことの方が一般的かと思います。
1音目に"02 Vl_perf-legato_sul"、2音目に"06 Vl_dyn-str_Vib_4s"を使ったもの


 なお、昨日でこのBlogの総閲覧数が70万件を超えました。ここのところ約5ヶ月で10万件のペースで安定しているようです。これからもよろしくお願いします。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。