So-net無料ブログ作成
検索選択

チャイコフスキー 「胡桃割り人形」組曲から「行進曲」 [完成曲]

 チャイコフスキー作曲 「胡桃割り人形」から「行進曲」を打ち込んでみました。9月23日のBlogで中間部を公開しましたが、後半のバランスとりで苦労しました。特に、弦楽器が受け渡しながら駆け上がる所(下の楽譜の部分)がなめらかにつなげるのが意外に難しいです。よりなめらかになるようにLASSのレガートも混ぜてみました。
Tchai-koushin.jpg


一応、全部をつなげたものをお聴きください。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

マイボ

かなり綺麗につながっていますね。スゴイです。
私なら適当な所で満足して手を抜いてしまいそうな部分ですが…

ところでVIにはこうした駆け上がりフレーズ用の特別なパッチが用意されているのですか?? 通常のレガート奏法ではこのように歯切れよく駆け上がるのは難しいと思うのですが。かといってショート系のパッチだと歯切れは良いのですが、一音一音がくっきりし過ぎてしまうのですよね。
by マイボ (2011-10-12 00:42) 

にょしにい

マイボ様
この部分で検討したことを2011年10月16日のBlogに書いておきましたので、ご覧ください。
by にょしにい (2011-10-16 14:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。